保湿の重要性

保湿の重要性

お花には水をあげないと枯れてしまいます。 人間のお肌にも十分な水分をあげないと枯れてしまうんです。 しかし、化粧水をじゃぶじゃぶつければいいというわけではありません。 なぜなら、空気が乾燥していると水分は蒸発してしまいます。

スキンケアを怠ると将来の自分の肌がとんでもない事になってしまいます。 冬の時期が一番お肌が乾燥する時期です。 なので冬になったら保湿効果のある化粧品を使っていましたが、間違っていました。 化粧水とクリームで万全だと思っていましたが、1番重要なのは角質層野バリアでした。 バリア機能が乱れているとクリームで蓋をしても乾燥します。

また夏でも冬のようにお肌が乾燥してしまう場面はあります。 クーラーの効いたお部屋などに長時間いると間違いなく乾燥してしまいます。 暑くてべたべたするからと保湿をサボると冬になってからの乾燥がひどくなります。 部屋の中でエアコンをつけていると想像以上に乾燥します。冬は加湿器が必須です。

そして日焼けもお肌の乾燥の原因になります。 日焼け止めも年中出かける時には必ずしています。 紫外線は乾燥の原因になります。UV乳液とパウダーファンデーションで紫外線をカットします。

日焼け止めを塗った日には保湿タイプのクレンジングゲルでしっかり落として十分な油まで落とさないようにし、保湿化粧水でしっかり保湿します。 保湿化粧品にばかり頼るのではなくお部屋を乾燥させないことや冷房、暖房の使いすぎなどにも注意しなければいけないと思いました。

今は十分な保湿をして年中乾燥に気をつけるように、日焼け止めと、クレンジングにも気を配るようにして、夏でもしっかり保湿をするように心がけています。乾燥しないためには角質層の脂質が大事です。セラミド配合の化粧水やクリームがおすすめです。

2014年2月 3日|